先日、審判講習会でお世話になっているUDCさんのイブニングセミナーに参加し、「スポーツマンシップとは」というテーマについて勉強してきました。

度々、我々は開会式等で「スポーツマンシップにのっとって。。。」と選手宣誓を口に、耳にしますが、スポーツマンシップを皆さん説明できますか? 知ってはいるけど説明は難しいと思います。
そもそもスポーツとは、スポーツマンとは。。。

このテーマについて、スポーツマンシップの研究の第一人者である広瀬一郎氏の解説動画を取り上げて頂き勉強してきました。ご覧になってみて下さい。

まず、スポーツとは スポーツは運動の事でしょうか?

スポーツとは =運動 +ゲーム 

ゲームとは =「ルール」があって「楽しむ/遊ぶ」で「競う」

ゲームをするには  =「ルール」「相手」「審判」

スポーツは他人から言われてするものではない、自立性がないと楽しめない。
自立性がないものはスポーツではない。
スポーツを楽しむには競う相手による。

  1. 弱い相手(チーム)
  2. ケガ人がいてフルメンバーでない相手(チーム)と競う、戦う 
  3. 強い相手(チーム)と競う、戦う

どの相手に勝ったら楽しいか?
もちろん、強い相手に勝ったら楽しい、相手の強さによって楽しさが変わる。
ただし、「強い相手」に「ヤル気」がないと楽しくない、面白くない。

スポーツマンシップに則って。。。? ⇒ 心構え

心構え ⇒ 尊重

尊重 ⇒ 相手を大切に思う事 (自分で判断して)

スポーツマンシップとは = 「ルール」「相手」「審判」を尊重する事 ⇒ スポーツマン
ではスポーツマンってどういう人?
スポーツマンでない人は。。。どういう人?
負けた時の態度がポイント!
スポーツを楽しむためには。。。強くなるためには。。。良い仲間がつくれる。。。etc

ちょっと振り返って考えてみて、普段のプレーに役立てて頂ければ幸いです。
今後、もっと楽しい野球ができるのではと。
とても良い動画だと思いましたので投稿しました。

加藤