UCL: The Urawa Community League

審判・記録

  • HOME »
  • 審判・記録

 

チームから選任された責任者はチームの審判・記録員の知識と技術の向上に努める

選任審判員は試合を通じて、チーム審判員の技術と意識の向上をはかる

審判員は競技場における唯一の代表者である!!

 

2人制の利点

  1. 高頻度で判定を下す
    2人制では初心者でも様々なプレイに高頻度で判定を下すことになります。例えば4人制の三塁審判と比べ、判定を下す頻度が高ければ同じ1試合で得られる経験値は段違いとなります。

 

  1. 責任感の醸成
    高頻度で判定を下すので、試合中は常に集中を求められます。また、2人制では責任審判を置かず、常に当事者意識をもって試合に臨む必要があるので、試合を仕切る感覚、審判に求められる責任感が養われます。パートナーを尊敬し、補助する責任があります。パートナーのミスは自分のミス。

 

  1. 審判としての本能の向上
    4つの塁を二人で見るという制約があり、いつもプレイを必ずしも最善の位置で見ることができない。良い位置でなくても判定を下すのが審判の仕事。最善を尽くすために「プレイを読む」、時にはプレイの「音」や「選手の動き、表情」などの情報にも注意をはらい判定を下すことになり、審判として本能、勘といったものが鍛えられます。

 

  1. ポジショニング意識の向上
    プレイとの距離はあるが、判定には距離より角度が大事です。どこで見ればよく見えるかを自然と考えます。この考える習慣がつくと3人制、4人制にレベルアップした時に、プレイを見るのにより良い位置がわかるようになります。

 

  1.  運営面での効率の良さ
    連盟として、2人制を覚える事で審判チームは記録員を含め3人で行えます。塁審のみ途中交代は認めます。選手の負荷を軽減できます。プレイはボールがある所で起きます。2人制は必然的にプレーに集中でき、審判に必要なテクニックであるプレーを読事が求められ、養われます。選手の皆さんなら、すでにプレーを読む感覚が養われており、シンプルな責任分担を理解すれば難しい事はありません。フォーメーションは人数が増えれば難しくなります。集中して試合に参加し、試合をコントロールする責任感が身に付きます。

 

2人制のポイント   pdfはこちら

UCL選任審判員 

1 (西野 進) 9 太田 正二郎
2 (木浪 隆治) 10 加藤 孝之
3 (園部 稲雄) 11 濱野 賢司
4 (南雲 行夫) 12 工藤 紀昭
5 (石塚 善弘) 13 相楽 英俊
6 (石塚 安他郎) 14 金澤 俊二
7 中村 安徳 15 片桐 裕
8 (秋田 伸)    

 

PAGETOP
Copyright © UCL 浦和社会人リーグ 軟式野球連盟 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.